読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々これきらり

にっこり、ほっこり、きらり。春夏秋冬、毎日の暮らしの中で体験したことやお役立ち情報をつづります。

大人の男に似合うモロゾフの缶入りチョコ【レオン】アンバサダーを味わってみました

モロゾフのチョコレートにレオン(LEON)というブランドがあります。

レオンには、いくつかのラインナップがあるのですが、アンバサダー(AMBASSADOR)は缶に7つのチョコが詰められています。この缶がね、渋くてカッコイイんです。アンバサダーの缶を眺めていると、仕事ができる大人の男性の姿が目に浮かびます。

どんなデザインの缶なのか、まずはご覧ください。

モロゾフのレオンアンバサダーの時計の缶

時計がデザインされているです。それも、アンティークの趣がある時計。缶入りのチョコはいろいろありますけれど、こういうデザインのものはなかなかないんじゃないかな。

腕時計や万年筆にこだわりを持っている男性、身近にいらっしゃいませんか?そんな男性にプレゼントしたら、「おっ!」って思ってくれそうです。

値段からすると、思いっきり義理チョコですけれど。小物にこだわりのある彼なら、喜んでくれるはず。

渋好みの私は、この缶、自分で使います。

モロゾフの【レオン】アンバサダー

レオンのアンバサダー缶の中を開けると、こうなります。

チョコレートの説明書きは、ブラックの紙にゴールドの文字。この色の組み合わせが高級感を醸し出しています。

レオンアンバサダーの缶を開けた様子

7つのチョコレート

さて、アンティーク時計の缶には、どんなチョコレートが入っているのでしょうか。

レオンアンバサダーの7種類のチョコレート

写真、ピンボケしちゃってますね。ごめんなさい。一つずつ、説明していきます。

まずは、中央にある「LEON」の文字がデザインされたチョコから。こちらはプラリネです。

プラリネの右上にある馬蹄型のがプレーンミルク。日本ではあまり馴染みがないですけれど、馬蹄って、ヨーロッパでは幸運のお守りなんですよ。物知りな彼となら、馬蹄の話で盛り上がれるかも。アンバサダーは知的な人に贈りたい一品です。

以下、時計回りに行きます。キャフェクレームトリュフ、オレンジ、ウイスキートリュフ、プレーンミルク、グランマルニエトリュフです。

全体的に、甘さを抑えてあるなぁという印象を持ちました。オレンジは甘~いオレンジペーストが入っているのかと思いきや、ほんのりオレンジ風味で甘すぎないので気にいりました。

トリュフよりもプレーンチョコレートが好きな私は、プレーンのブラックも入っていたら最高なんだけどなぁと思いました。プレーンミルク味が2つありますから。ブラックのほうがアンバサダーのイメージに合いそうですし。

レオンの紙バッグ

プレゼント用のチョコには、専用のバッグがついているものがあります。アンバサダーにも紙バッグがありまして。こんなデザインのバッグです。

レオンの専用紙バッグ

さすがに統一されていますね。むしろ、缶本体よりも高級感があるような。

アンバサダーの価格

【レオン】アンバサダーの価格は、800円です。税込みで864円。864円でアンティーク時計の缶とこの紙バッグですから、なかなかのお買い得品かも。

原材料

【レオン】アンバサダーの原材料です。

砂糖、カカオマス、ココアバター、全粉乳、濃縮乳、脱脂粉乳、洋酒、水飴、砂糖・異性化液糖、ヘーゼルナッツ、乳等を主要原料とする食品、アーモンド、カシューナッツ、濃縮オレンジ果汁、乳糖、コーヒー、オレンジピール、クリーミングパウダー、ショートニング、植物油脂、乳化剤、香料、着色料(二酸化チタン、カラメル、ベニバナ赤色素、クチナシ黄色素)、(原材料の一部に大豆を含む)

 

本品製造工場では、卵、小麦、落花生を含む製品を生産しております。

モロゾフの【レオン】ウィッティー

贈り物にするチョコってトリュフが定番みたいになってますけど、私のようにプレーンチョコが好きな人って少なくないと思うんですよね。

そんな方には、レオンブランドのウィッティー(WITTY)を。ウィッティーは、全部プレーンチョコレートなんです。

ウィッティーの価格

ウィッティーはプレーンチョコレートオンリーなので、アンバサダーよりも数がたくさん入っています。

アンバサダーは7個で800円(税込み864円)ですが、ウィッティーは17個で750円(税込み)810円です。かなり差がありますねぇ。トリュフは、つくるのに手間がかかりますものね。

ウィッティーには9個入りのもありまして、こちらのお値段は450円(税込み486円)。ワンコインでおつりがくるので、義理チョコにはちょうどいい感じです。

アンティークの鍵がモチーフ

アンバサダーのモチーフはアンティークの時計ですが、ウィッティーはアンティークの鍵です。

物語に出てくるような、古い鍵。鍵穴に差込み、ガチャッと回すと、ギギギッと重そうな扉が開き……。そんなストーリに出てくるあの鍵です。

缶ではないですが、センスのいいパッケージですよ。

ちなみに、ウィッティーにも馬蹄型のミルクチョコが入っています。ラッキーアイテムがさりげなく紛れているという粋な演出。洋酒を一切使っていないのが特徴でしょうか。シンプルな味が好きな方向けですね。

©2017 日々これきらり